芳根京子が苦しんだ難病・ギランバレー症候群とは?後遺症はあるのか?

芸能

人気上昇中の若手女優の芳根京子さん。

以前、難病の『ギランバレー症候群』に苦しんでいたことがあったそうです。

後遺症は残っているのでしょうか?

詳しく調べてみました!

芳根京子のプロフィール

生年月日:1997年2月28日
出身:東京都
身長:159cm
血液型:A型
事務所:ジャパン・ミュージックエンターテインメント
公式サイト:芳根京子公式サイト

『オーディション荒らし』と呼ばれるほど、数々のオークションを勝ち取るほどの実力派女優と注目されています!

NHK連ドラ『べっぴんさん』ではヒロインとし出演しています!

2018年には、第42回日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞しています!

まさにこれから更なる期待が待っている実力派女優の1人です!

スポンサーリンク

芳根京子が苦しんだ難病・ギランバレー症候群とは?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

芳根京子(@yoshinekyoko)がシェアした投稿

 

芳根京子さんが患った難病『ギランバレー症候群』とは「筋肉を動かす運動神経が傷害されて、両手両足に力が入らなくなる病気」のことです。

『ギランバレー症候群』は、一度完治すると、薬の服用などをすることなく、元の生活に戻れるそうです。

 

スポンサーリンク

後遺症はあるのか?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

芳根京子(@yoshinekyoko)がシェアした投稿

 

『ギランバレー症候群』になった7~8割の患者は治療後、元の筋力に戻るそうなのですが、2~3割の人は筋力が低下したり、手足のしびれが後遺症として残ることもあるそうです。

しかし、日常生活に支障をきたすほどの後遺症ではないそうです。

 

芳根京子さんは治療後、急激に足が速くなったり、持久走で1位になったそうなのです、筋力低下やしびれなどの後遺症は残っていないそうです。

再発の可能性はあるのか?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

芳根京子(@yoshinekyoko)がシェアした投稿

 

再発に関しては、『ギランバレー症候群』に再発のリスクがとても少ないため、一度完治すると、再発の可能性はないと考えていいそうです。

 

再発の可能性がすくなければ、今後の芸能活動に専念することができますね!

後遺症が残らず安心ですね!

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、芳根京子さんがかかった難病・ギランバレー症候群について取り上げました!

後遺症がなくてよかったです!

芳根京子さんのこれからの日本のドラマ・映画界でさらなる活躍に期待ですね!

 

この度もご覧いただきありがとうございました!

今後も気になる情報を発信していきます!

芸能
スポンサーリンク
シェアする
ゆうゆうをフォローする
芸能ニュースのゲゲゲ

コメント